※注意書き

このページを見て大豆アレルギーのお子様に食べさせようと思った方は十分に注意をして下さい。

※この数値は計算上の値なので、製品により誤差があります

※また、規格変更などによる含有量の変更の可能性もあると思います。

最新の情報と違っていることなどに気が付いた方はコメントを頂けると非常に助かります。

(それ以外にもこのページに関して何かありましたら、どんなことでも構いません。コメントを受け付けています。コメントは承認後に掲載されます。)

※大豆アレルギーは加熱や発酵による変化が大きいため、加工の程度により抗原性はかなり変わります。

味噌・醤油・大豆油にはタンパク質がほとんど残らないため、大豆アレルギーでも反応が出ることはほとんど無いと言われています。

※その他の食品で抗原性の高いものもあります。(おから・枝豆・きな粉)

※ページ下の備考欄にその他の注意点を記載している場合があります。

※このブログはリンクフリーですのでリンクを貼ることは構いませんが、企業により特別な許可を得ている場合もあるため、記載されていることは引用(転用)しないでください

※主に鶏卵の含有量を記録していますが、乳、小麦、大豆などの載せて欲しい含有量についても記録していくつもりです。

載せて欲しい食品リクエストこちらのページで受け付けています。

スポンサーリンク